2008年10月10日

畳について

wasitsu01 wasitsu02
畳は仕上がり2寸の本畳床(芯が全て稲わらでつくられたもの)を使っています。
昔ながらの畳屋さんに言わせると
ポリスチレンフォームやボードなどの適当な芯材に畳表を縫いつけて
「畳」と呼ぶには抵抗があるそうです。

本畳床を使った畳は、重く扱いにくかったり湿度管理が必要だったりしますが、
畳本来の「弾力性」 「耐久性」「吸放湿性」「断熱・保温性」など
優れた特徴を沢山持っています。

posted by suzuki at 00:00| 06)部屋